労働法

よくある質問

FAQ:タイにおける時間外勤務の限度

Q:日本では過度の時間外勤務を課された労働者が「うつ」を発症し自死するケースが相次いでいますが、タイでは限度が設けられているのでしょうか。

FAQ:労働者は解雇補償金さえ払えば自由に解雇できるか。

Q:タイでは、解雇補償金の制度があり、会社都合で解雇する場合、解雇補償金を支払えば自由に解雇できると聞いていますが、本当でしょうか。

FAQ:労働組合がない場合の要求書の成立要件

Q:当社の現地法人には労働組合がありません。しかし、一部に跳ね上がり職員がいて、工場内で色々画策しているという情報もあります。従って、いつそういう職員が一部の職員と申し合わせて賃上げ要求書を突きつけてくるか不安があります。そもそも要求書は職員の一部だけの合意で成立するものでしょうか。

FAQ解雇通告書には必ず理由を特定すること

Q:就業規則に重大な違反を行いましたので、解雇通告書を出して解雇し、本人も会社に来なくなりましたが、これで安心でしょうか。

労働者委員会とは何か、その役割は

Q:弊社の現地法人には労働組合がありますが、このほどさらに労働者委員会というものができたと報告がありました。早速、労働関係法の該当部分を調べてみたのですが、その役割がよく分かりません。また労働組合とどう異なるのか、立法主旨がよく分かりません。

「会社からの借金を給与から天引きできる限度」

Q:福祉の一環として従業員にお金を貸し付けることが多くなってきています。それを給与からどれだけ天引きできるかというのが今回のテーマです。

タイにおける解雇事前通告の方法について

Q:現在就業規則の原案を作成していますが、タイでは解雇事前通告は日本と同じ1ヶ月前と聞いていますが、それでよろしいでしょうか。

タイにおける機械の導入による合理化(人員整理)

Q:当社のタイにおける現地法人では人件費が上がってしまい業界の景気低迷により赤字体質となってしまいました。そこで、丁度省力化の機械ができたこともあり、人員の一部を解雇して効率を上げたいと考えていますが、法律上留意することがありますか。

「就業規則は労使間の協定とみなされる場合がある

Q:就業規則は日本と同じように改正できるのでしょうか?

「時間外労働は原則労働者の事前承諾を要する」

Q:タイで労働者に時間外労働をさせるとの留意点をご教示ください。

「従業員の故意過失により第三者に損害を与えた場合の使用者の責任」

Q:社用車運転手の超過勤務は何時間でも許されるのでしょうか?

妊娠している労働者の扱い

Q:妊娠している女性労働者に対してどのような規定を設けてあるのでしょうか?(2020年5月6日)