icon-anchor 1998年労働者保護法と異なる保護を与える業務に関する勅令

1998年労働者保護法と異なる保護を与える業務に関する勅令

前文省略(同法22条に基づく勅令)

第1条 本勅令は「1998年労働者保護法と異なる保護を与える業務に関する勅令」と称する。

第2条 本勅令は1998年8月19日から施行する。

第3条 次の業務は1998年労働者保護法と異なる保護を与える業務とする。

  1. 石油に関する法律に基づく石油にかかる業務で、修理保守作業を含むが、探鉱、採鉱が行われる場所に限る。
  2. 専門的業務、管理執行業務、事務、商業に関する業務、サービスに関する業務、生産に関する業務、その他の関連業務
  3. 就業日により継続しない販売、サービス提供を行う飲食店における業務
  4. 石油の探査、掘削、分離、石油製品または石油化学品の製造における専門業務
  5. 管理や専門職の業務で財務や経理の業務を含む。
  6. 訪問販売または商品購入の勧誘

第4条 本勅令の所管は労働社会福祉大臣とする。

2008年8月22日付(注:2008年8月24日付官報公布)

(2014年6月元田時男訳)